youngerskin

 

目の下のたるみがあると、実年齢よりも老けて見えがち。メイクでカバーしきれない部分なので、気になってしまいますよね。目の下のたるみを改善するための方法を3つご紹介します。

 

  • ビタミンC誘導体を活用しよう!

目の下のたるみは、目元の肌弾力の低下が原因です。たるんでいるから引き上げなきゃと思って、マッサージするのは逆効果。肌表面が傷ついて、細かい乾燥ジワができる原因にもなります。目の下のたるみが気になる時は、肌弾力を取り戻すケアを行いましょう。

 

目の下のたるみに効果的なのが、ビタミンC誘導体が配合された化粧品。美白成分でお馴染みのビタミンCですが、実はコラーゲンの生成にも欠かせない成分です。肌の弾力低下は加齢によるコラーゲンの減少が原因ですから、ビタミンCを補ってあげましょう。

 

しかし、ビタミンC誘導体は効果が高い分、肌への刺激が強め。人によってはピリピリすることがあります。敏感肌の人は、刺激が少ないナイアシンを配合した化粧品で目の下のたるみを予防しましょう。

 

  • 活性酸素の発生を抑えよう!

一年中日焼け対策が必要だと言われるのは、紫外線を浴びると活性酸素が体内で生成されるから。体内で作られた活性酸素は、コラーゲン繊維を破壊します。活性酸素のせいで肌は弾力を失い、目の下のたるみ、シワといったトラブルを引き起こすのです。

 

目の下のたるみを予防するためには、活性酸素の発生を抑えるのが一番。朝起きたらカーテンを開ける前にUVケアをする、10時~14時の紫外線が強い時間帯は外出をなるべく控える、短時間でもスッピンで外出しないなど、徹底した紫外線対策を心掛けましょう。

 

活性酸素の働きを抑えるアスタキサンチン、カテキン、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うことも、目の下のたるみ予防に効果的です。

 

  • 1分!目の下のたるみ解消エクササイズ

目の下のたるみを改善するためには、衰えた目元の筋肉強化も欠かせません。1日1分でできる「目の下のたるみ解消エクササイズ」で、若々しい目元を取り戻しましょう。

 

目頭に中指、目じりに人差し指の腹をあてて、黒目だけ上に動かします。5秒キープしたら、目を細めるようにしてさらに5秒。この時、目の下のたるみが上に引き上げられているのをイメージしてください。これを1セットとして、10回行います。

 

■プチアドバイス

目の下のたるみの原因は、コラーゲン不足による肌弾力の低下と、目元の筋肉の衰えです。やみくもにマッサージをするだけでは、目の下のたるみは改善されません。今回ご紹介した3つの方法を実践して、目の下のたるみをスッキリさせてくださいね。

また、目の下がたるむということは肌全体がたるんでいる可能性があります。しっかりと紫外線ケア、スキンケアをした上でスペシャルケアの美顔器をプラスするのもオススメです。

 

たるみを引き締めるのに特化したnewaリフト(ニューワリフト)